機能性ディスペプシア主婦の投資ブログ

働けないから資産形成と資産運用についてあれこれ考えてみました

【機能性ディスペプシア】私の症状

f:id:kuronekobelle:20180831071750j:image

機能性ディスペプシアと診断されてから1年ちょっと。

本当はもっと前から胃の調子が悪かったので5年以上この訳の分からない症状に悩まされてきました。


おそらく、なった人にしかわからない辛さがあるんだと思います。

この疾患を抱えている人は多いみたいですが、私の周りに共感してくれる人はいません。

 


あんまりお腹がすかなくて、、、


なんて話をすると「痩せててうらやましい!」なんて言葉が返ってきちゃったりします。


美味しいものを心から美味しいと思って食べられるなんて、私からしたらとてもうらやましいんだけどなぁ。

 

 


私の場合、とにかく胃の存在感がすごいのです。

いつも張っている感じがするので、食事の時間になってもお腹が空いてきません。

時計を見て、「あ、食事の時間だ」と確認します。

 

食事 = 生きるための作業

 

夫に話すと「信じられない!」って言われますが、最近はさすがに信じているようです。

 

 

ちょっと前まで働いていました。

胃の調子が悪いと全身倦怠感に襲われて動くのが億劫になります。

毎日そんな調子でシフトもあまり入れられず、結局、いったん辞めることにしました。

楽しい職場だったので辛かった(>_<)


できればまた戻りたいなぁ。

 


今はゆっくり、この症状を改善できるように穏やかに過ごせたらなぁと思っています。


節約も頑張らないと(*´ω`)

 

 

読んでいただきありがとうございます。